エンピツ画像『コピーライティング』とは、人の気持ちを動かす文章を書くことです。もっと具体的にいえば、商品を売る場合、当然お客様が商品を買う気にならなければなりません。その買う気にさせる文章を書くことがコピーライティングであり、そのような文章を書く能力を『コピーライティングスキル』といいます。


コミュニケーション型アフィリ2

上記の文章は、情報商材アフィリエイトを行なう際、
ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)はその中核をなし、
必要不可欠の手法だと指摘しています。

関連事項「ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは?」はこちら

DRMとは相手の「反応」を導き出して、それに応えて、
またそれに対する相手の「反応」を導き出して、またそれに応える、


その過程を通じて、互いの距離感を縮めて信頼関係を
構築して、お客(リスト)を絞り込み質を高めていくマーケティング手法です。


そして、ネットビジネスはリアルビジネスのように「face to face」の関係ではなく
文章で構成されているメルマガやブログを通じてのビジネス展開をするのが、
主流ですから、


文章を書くという『コピーライティング』は、まさにDRMを支えるものであり、
そしてその能力、つまり『コピーライティングスキル』は、効果的なBRMを導き出す必須スキルでなければなりません。


DRM
言い方を変えれば、DRMの命は相手方の「反応」があることです。
ですから、ネットビジネスでの『コピーライティング』は相手方の「反応」を
導き出すようなライティングでなければならないということです。


このことは、非常に大切な点なので、しっかり把握しておくして必要があります。


ところで、ビジネスを維持継続・そして発展させるためには、
良質なコンテンツを用意するのはいうまでもありません。


でもそもそも「売れる」ということはコンテンツ良し悪しよりも
『コピーライティング』の良し悪しで決まってしまう傾向があります。


極端な例ですが、道端に転がっている石ころでも
その希少性・権威性・歴史性などなどを様々な表現で
その価値を高める『コピーライティング』していくと、恐ろしいことに
売れてしまうこともあるのです。


もちろんこれは詐欺になってしまう可能性が高いですが・・・・、


でもそのくらい『コピーライティング』の威力はもの凄いものなのです。


上質な『コピーライティングスキル』をもてば最強です。


ただ問題なのは『コピーライティング』は仮にスキルを
インプットしたとしても、そのスキルを自在に
使いこなせるかどうかは全く別問題です。


むしろ『コピーライティング』スキルの向上には、良質なインプットは必要ですが、 インプットしたら繰り返しアウトプットすることがとても大切といえます。


頭で分かっていても、実際に自然と感情移入してしまう文章に書き表すのは、
なかなか大変で難しいという経験は誰でもあるはずです。


複数の人に全く同じテーマで作文を書かせても
十人十色それぞれ印象が全く違った文章が出来上がるはずです。


上質な『コピーライティング』を実践するのは、なかなか難しいものです。


でも『コピーライティングスキル』を身に付けないと、
アフィリエイトの成功なんてとてもおぼつきません。


成功するためには、良質なライティングスキルを身に付けて、
ひたすら書く練習(アウトプット)していくしかないのでしょうし、


大切なことは書いた文章を、客観的かつ的確に評価できる人に
見てもらうことです。


文章というものは書いた本人が正確に評価するのは、
なかなか難しいものです。それが初心者であれば尚更です。


したがって、実績あるアフィリエイターの質問コーナー、相談コーナーを
大いに利用していくべきです。

関連事項「コピーライティングの究極×2の役割」はこちら

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コピーライティングの威力とそのスキルの重要性
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]