ベネチア私のサラリーマン時代の給与体系は「歩合給制」でした。当時の私はその月の成績に応じてその月の給与額が決まってくる「歩合給」が最も合理的なやり方だと思っていたのです。でも、雇われる立場を脱し起業して自らの力で生きる術を持つことを目指す今、手に入れるべき収入体系は、固定給や歩合給のように「実働」や「成果」から入る「労働収入」ではなく「権利」を持つことによって入って来る「権利収入」といわれるものです。




必読書「金持ち父さん貧乏父さん」のロバートキヨサキさんは、
収入の取り方(キャッシュフロー)には、4種類あると言っています。


この分類は、リアルにしろ、ネットにしろ起業を目指すなら、
絶対に理解しておくべき分類です。特にネットでの起業ならなおさらです。
そこから導かれるマインドは必ず身に着けなければなりません。
ちょっとのぞいてみましょう。


その分類とは


:従業員(Employee)
:自営業(Small business owner)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
:ビジネスオーナー
:投資家(Invester)


です。


まず「E」は、会社などに雇われて給料を
得るような収入モデルを享受している人たちのことです。
いわゆる、サラリーマン、バイトのことで、
世の中の大多数の人はこの範疇に入るでしょう。


次に「S」は農家や漁師さんから、
個人でお店を経営しているいわゆる自営業の人たちです。
「E」との差は、何から何まですべて自分がやらなければ
自らの人生の主導権は握れないということです。


この上の2つは、労働をすることで収入を得ます(労働収入)。
基本、自分自らが働き続けなければならないので、
どうしても「実働」からは離れられません。
だから、もし病気などで働けなくなったら、途端、収入源を
失ってしまいかねない収入モデルです。


そして「B」は、何らかのビジネスのシステムを
所有していて、そこから収入を得ている人たちです。

例えば、レストランを経営していて、経営者は普段は店にいる
わけではないんだけど、現場は優秀な店長やマネージャーに
任せていく、そういった店をいくつか持っていて、
そこの売り上げから収入を得ている人たちです。

つまり、自分は汗くせ働かなくても、ビジネスシステムを
構築してそれを所有することで収入が入ってくるのです。


最後の「I」は投資家なので、株式、不動産、FXなどなど
に投資することで収入を得ている人たちです。
自分は働かずにお金に働いてもらって収益を得ていきます。


この下の2つは「権利」から収入を得ているわけです(権利収入)。
もし「金持ち父さん」になりたければ、下の2つ(BかI)に
ならなければいけません。


だから、世の中には「起業しろ!起業しろ!」と
叫ばれている風潮があるとしても「S」で起業して、
そのまま留まっていたらあまり意味がないわけです。


私が目指しているビジネステーマである「人生の主導権を取り戻そう!」
は「S」で取り戻すわけではなく、「B」で取り戻すことなのです。


もちろん「S」を否定しているわけではありません。
それをやることが好きで、自分は誰にも負けない、
絶対に誰もマネのできない技術をもっていて、
それ一本でやっていくんだという心意気は尊いものです
(そういう仕事って、他人に任せられません類のものです)。


でも、経済的自由と時間的自由を目指しての
「起業」したいのであれば「S」での起業はなく
「B」での起業を築かなければなりません。


ましてや、リアルではなくネットビジネスで起業して
成功を目指すのであれば、絶対に「B」を目指さなければ、
まったく意味がありません。意味はゼロに等しいです。


「起業する」ということは、汗くせ働くことではありません。
ビジネスのシステム、つまり仕組みを作り、所有して、
それを円滑に起動させることによって収益を図ることです。
ネットビジネスでは「ビジネスの自動化」を構築することで、
その自動化したシステムにビジネスフロー(流れ)を任せるのです。


ネットビジネスでよく言われる「経済的自由と時間的自由」とは
「毎月の支出よりも多いキャッシュフローがある」状態を
人のチカラに頼ることなく自動的に生み出すことです。


自分が世界のどこにいようが、何をしていようが、
お金のことを心配することなく、自分が毎月使う
お金の額を越えた金額を自動的に入ってくる仕組みを
作ることです。
そうすれば、いつでも好きなことが自由にできます。


自由人になりたければ、
①システム、仕組みを作ること(B)
もしくは
②お金に働いてもらって、自分は働かないこと(I)
が重要な構成要素となるわけです。


さらにいうと、
実は「B」「I」とを組み合わせた
サイクルが最強のパターンなんです。


「B」で生み出したお金を「I」につぎ込んで増やす
そして、増えたお金を使って「B」をさらに大きくする。
そして、そこからまた生まれたお金をまた「I」に
つぎ込むのが最強のサイクルなのです。


世界有数の億万長者たちは、
このサイクルを自分なりに作り出して
巨額の資産を築いているのです。


そうしないと、総資産額数十兆円なんて資産は
絶対に生まれませんからネ。
まさに、最強のパターンといえます。


いずれにしても、経済的自由と時間的自由を
獲得するためには「ESBI」の分類を意識し
理解する必要があることを覚えておいてください。


そして「B」を目指すということです。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14




人気ブログランキングへ