道筋マーケティングはネットビジネスを行う上での必須スキルです。だから、必ず習得しなければなりません。マーケティングを理解すれば、自分が思い描くビジネスの結果への道筋が見えるようになってきて、迷わずに最短距離でその結果にたどり着くことができます。






マーケティングの目的とは?

(1)ビジネスで進むべき道筋を可視化するために、
  マーケティングを学んで実践していくのです。
  この可視化ができていないと、いつまでたっても
  自分が思い描く結果にたどり着けない状態に陥ります。
 
  例えば、見知らぬ土地で初めていく目的地に行く場合、
  当然地図があった方が早く、そして最短距離でたどり着く
  わけだし、プラモデルを組み立てる時も 設計図があって
  初めて組み立てることができるわけです。

  ビジネスでも同じです。マーケティングスキルを学んで
  初めて、最も合理的な道筋で結果にたどり着くことが
  できるのです。


(2)自分の存在や自分が作ったコンテンツの存在を
  相手に気づいてもらうためにマーケティングを学び、
  実践していきます。

  自分の存在や自分の作ったコンテンツに人々が
  気づいていないという状況は本当に悲しいことです。

  あなたが一生懸命ビジネスの勉強をして、
  相当の実力を身に着け、多くの人のためになるスキル、
  コンテンツを持っているにもかかわらず、
  その存在が知られていないがために
  その実力を発揮することができない。

  そんな状況は、あなた自身にとってはもちろん不幸だし、
  あなたの実力で救われたはずの人たちにとっても
  大きな不幸なわけです。

  そうならないためにも、自分の存在を気づいてもらうために
  しっかりとマーケティングを学んでマーケティングを
  構築していくべきなのです。

 
(3)お客様の悩みや欲求を満たすために、
  マーケティングをしていきます。

  多くの人々は必ず何かしらの「悩み」を持っているだろうし、
  何かしらの「欲求」を持っているはずです。
  そういった「悩み」や「欲求」を解消したり、満たしたり
  することは、自分はできるということを伝えるために
  マーケティングをしていきます。

  ところで、その「悩み」や「欲求」はマネタイズの
  源泉になっています。お金を稼ぐうえでの
  大元になっているわけです。

  切実な「悩み」を解決できる有効な手法があるのなら
  人はお金を支払ってでも手に入れたいだろうし、
  人は誰でも「欲求」を持っているわけだから、
  それを実現できる術が目の前にあったら、
  お金を支払ってでも手に入れたいと思うのが人間の常です。

  だから「悩み」「欲求」にフォーカスした商品を作ることが
  ビジネスで稼ぐための基本中の基本となるのです。

  要するに『あなたの「悩み」または「望むこと」を解決したり、
  叶えたりすることを、僕だったらできますよ!』ということを
  きちんと相手に伝えるためにマーケティングをするということです。


(4)自分と相手を幸せにするために、マーケテイングをしていきます。

  自分としては自分が持っている実力を十分に発揮して、
  相手に自分の実力、そしてその結果をいかんなく
  体感してもらって喜んでもらって、
  その対価としてお金を頂くことになれば、自分は幸せになります。

  また、相手は自分が抱えている「悩み」や「欲求」を
  解消することができれば、それはそれですごく幸せになる
  のは間違えありません。

  自分だけが幸せになるのも、相手方だけが幸せになるのも
  ダメです。
  自分と相手がともに幸せにするために仕掛けていくのが、
  マーケティングだということです。
  だから、この(4)がマーケテイングの目的の根幹を
  成すものといえるでしょう。


マーケティングを理解するには、
この「目的」とともに「定義」と「効果」を
腑に落とせば理解が深まるはずです。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14




人気ブログランキングへ