iwatchネットビジネスだけをやっていると、あまり考えてこなかった視点なんだけれど、でも、これからビジネスを展開していこうとする者として、 知識として当然知っておくべきキーワードがあります。







それは、商品開発や生産活動の指針を示すものとして、
【プロダクトアウト】と【マーケットイン】という二つの考え方です。


前者は、市場のニーズを意識せず、商品の作り手の意向や
自らの技術を重視して商品やサービスを開発し、それらを市場に
導入する考え方。要は商品の作り手の考えを優先し、
とにかく自分たちが良いと思うものを作って
世の中に出すという考え方です。


後者は、顧客のニーズを重視し、実際に世の中で必要とされている
商品やサービスを必要な量だけ市場に導入していく考え方。
要は、顧客の求めているものを徹底リサーチし、
顧客の求めているものだけを提供していくという考え方です。


もし、あなたが商品開発の責任者となった場合、
どちらのスタンスをとりますか?


開発した商品・サービスは「いいものだから、買いなさい」
と消費者に呼びかけて、こちらから需要をつくっていく
スタンスか?【自分が好きなものを創る】
それとも、「市場が欲しているものを徹底的に調査してから
そのニーズに沿った商品・サービスを開発していく
スタンスか?【大衆に迎合したものを創る】


前者は、高度経済成長期の大量生産方式がまかり通っていた
時代での、「作れば何でも売れちゃう」ときには、
100%当てはまって考え方でしたが(欲しいものより必要なもの)、


その後、顧客、消費者ニーズの多様化、細分化にともなって、
作り手側だけの意向では全く対処できない時代になってきて
後者の考え方が重きを置かれ、今では後者の考え方が、
当たり前のような状況になって(必要なものから欲しいもの)、
なにをやるにせよ、つくるにせよ「市場調査だ、顧客ニーズを
探れ、サンプル調査」などと、うるさいくらいに言われています。


徹底的に市場調査して、お客様の意識を調べて、
ニーズやウォンツを知って、それに沿った商品開発して
マーケティングを組み立てていくのは、
一見批判の余地がないように見えますが、というよりも批判は
出来ませんし、これからもこの傾向は続くのでしょうが・・・、


ただ、思うに、自分の軸、主体はどこにいってしまったの?
という気がしないでもないです。ネットビジネスにせよ、
そうでないビジネスにせよ、ブランディングというのが大事で
その主体が自分の軸とするならば、大衆迎合路線はそぐわない気が
しないでもないです。


プロダクトアウト思考で生まれた素晴らしい商品って、
たくさんありますよね。
たとえば、SONYの初代「ウォークマン」とか、NTTの「i-mode」
なんかもそういわれているし、日清の「カップヌードル」も
そうなんでしょうか?よく知りませんが・・・・・、
アサヒの「スーパードライ」はマーケットイン思考で生まれた
らしいけど・・・・、
最近では、アップルの「iPhone」なんかは、
まさしくこのプロダクトアウト思考でつくられたといわれています。
Googleの種々サービスなんかもプロダクトアウト思考と
いわれているらしいです。


前回の記事でも書いた「カテゴリー」思考を取っ払って、まったく
斬新な商品を打ち出すならば、プロダクトアウト思考がメインと
なるのでしょうが、


実際問題としては、前者、後者のバランスを保った形の
商品開発になるのでしょう・・・・


追伸⇒ネットビジネスでマーケットイン思考に沿った記事を
書いていくならば、方向性は実際によく検索されている
キーワードで記事を書いていくことになるのでしょう。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14





人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 商品開発の指針 ~ プロダクトアウト or マーケットイン ~
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]