価値ネットビジネスの勉強をしていると、「仕掛けられた側から仕掛ける側へ」というように、視点を変えることの重要性が指摘されますね。







なぜなら、
これからは起業家として
ビジネスを仕掛けていくわけだから、
今まで仕掛けられる側の視点で、
物事を見ていたのを、
仕掛ける側の視点で見ることは、
絶対に必要だからです。


もっとも、


仕掛ける側の立場になっても、
その上から仕掛ける側が仕掛ける側に
仕掛けてくることもあるし、さらにその上
からもやってくることもあるでしょう。


もはや、これはイタチごっこの様相で、
世の中はこのように複雑に絡み合っていて
でも、それなりのバランスが保たれている
って感じです。


この「仕掛け仕掛けられ」の具体的な意味内容については、
ちょっと勉強している人なら知っているはずなので、
ここでは詳しくは述べません。


まだ、この意味についてわからない人が
いれば、自分で調べてみてください。


今回、述べたいのはそんなことではなく、
「視点を変える」ということにフォーカス
してみたいと思います。


この「視点を変える」というのは、
ある解決しなければならない事態に
直面した際の解決手法、提案手法の
一つとして使われます。


たとえば、あなたはサラリーマンです。
毎日片道2時間を座れることもなく
ギューギュー詰めの満員電車の通勤地獄
状態。これを解決するにはどうしたら?

①【地方で就職して車通勤にすればいい?】
②【グリーン車に乗ればいい?】
③【会社の近くに引っ越せばいい?】
④【会社なんて辞めて、起業すればいい?】

①は、通勤地獄は解消されるかもしれないが
仕事内容が希望に沿うか不透明。
②は、通勤代がかなり高くなる。グリーン
料金まで通勤手当はでないでしょう。
③は、会社が都心にあれば当然に家賃や地代
は高くなり、子どもがいれば転校手続き
とかが面倒くさい。
④は、ネットビジネスでの起業を勧めている
立場からすれば、この方法が一番となりま
すが、やはり起業にはリスクがあります。

これら①~④は、今の環境を変えることで、
解決を図ろうとしています。


当然、環境を変えようとするわけだから、
エネルギーを使うし、お金や時間といった
負担やリスクを伴わざるを得ません。


だから、安易に環境を変えてはいけません。
環境を変えることなく、物事を見る視点を
変えるだけで解決を見出だした方が極めて
簡単です。


あなたは、その方法がわかりますか?
考えて見てください。





分かりましたか?





答えは【早朝一番の始発電車】で通勤する
ということです。
いうまでもなく、始発電車ですから
車内はガラガラで、足を伸ばしてゆったり
できて眠ることもできて自由自在です。


会社にとびっきり早く着いたとしても
始業時間まで眠るなり、朝食を食べる
なり、遊ぶなり、あなたの自由な時間
なのです。


どうでしょうか ………、


なんら環境を変えることなく、
視点を変えるだけで、簡単に通勤地獄から
解放されるのです。


この「視点を変えて」物事を捉えていく
能力をもつことは、先に述べたように、
ビジネスに取り組む際にとても重要です。


様々なビジネスアイデアを導きだす
発端となる能力といえるでしょう


視点を変えることで、斬新なアイデアを
思いつくことができるのは、100人に20人ぐらい
と言われています。
また、その「アイデア」を実現に向けて
行動に移せる人は、その20人の中で1人か
2人だと言われています。


とにかく、


「視点を変えてみる」という手法を
持つべきということに、思いっきり
意識してください。


「環境を変えるより視点を変えるほうが
簡単だ」ということに気づいてください。


以上、「視点を変える」という意味が
なんとなく理解できましたか?


最後に、下記に、これも「視点を変えた」
一例として掲げておきます。


ある日二人の姉妹が、
庭でバドミントンをしていました。
しかし、姉の方が圧倒的に強く、
何度やっても妹はかないません。


やがて妹はやけになってラケットを
放り出して、試合の続きをしようと
しません。


二人はしばらくしらけたような
悲しそうな顔をして、ぼんやりと
立ちすくんでいました。


ところが、姉がポンと手を叩いて
言い始めました。


「そうだ!私たち二人で
 ハネを落とさないで何回できるか、
 記録づくりをしようよ」と
提案したのです。


二人はさっそくやり始めました。


すると、さっきのようにケンカ腰の
プレーではなく、二人が力を合わせて、
楽しそうに、しかも技術は次第に高度に
なっていったのです。


以上です。
どうですか?


問題に行き詰まったら、
ちょっと、視点を変えて見る
そうしたら、案外も問題がスラスラと解けてしまう。


自分が、自分が!!
ではなく、ちょっと相手の立場で考えてみる、
これも視点を変える一つでしょう。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14






人気ブログランキングへ