bare12インターネットって、スゴイですよね!「えっ、何をいまさら~!」っていわれてしまうかもしれませんが・・・・・・、インターネットの検索機能を利用することで、知りたい情報をあっという間に入手できちゃうし、






地方の特産物も簡単に取り寄せられるし、
ホテルの予約だって同じように簡単に
できてしまいます。


いちいち煩わしい電話する必要はありません。


インターネットを利用することで、
オフライン上にあったものをオンライン上に
移行させることで、今までよりも遥かに容易に、
便利に、スピーディーに自分が意図したことが
実現できちゃうツールってわけです。


そして、インターネットの最大の特長は
究極のレバレッジ装置だといわれてますよね。


自分という存在は、この世にたった一人しか
いないわけです。でも日本国中、いや世界中に
自分のクローン人間がたくさんいるが如く、
単純に100人いたら100人分、
1000人いたら1000人分、
10000人いたら10000人分の活動が
たった一人でできてしまう、
しかも時間をかけずにできてしまうのです。


インターネットのデジタルな世界では、
この圧倒的なレバレッジをかけて、
様々な活動ができちゃうということです。


例えば、Youtubeでは個人のアップした動画が、
数億回再生されたりして、コスト軽減されつつも
大企業と同じだけのアクセスを集められ、
プロモーション活動ができてしまいます。


それが、いわゆるまるっきりの個人でも、
また、ごくちっちゃな組織でも
できてしまうのです。


昔のように、企業の成長は、
組織の拡大に比例するという常識は
あてはまりません。


まさしく、個人が輝く時代です。


そういったなか、もう一つ私くし的に
特に素晴らしいと思うのがあります。


インターネット上の百科事典として
「Wikipedia(ウィキペディア)」が
あるわけですが、


インターネットはネット上の図書館という
雰囲気をもっていて、私たち一人一人が
作ったコンテンツが、その中に
所蔵されている感じが・・・・・・、


大袈裟に言ってしまえば、
自分の人生が刻み込まれた作品が、
それが文章でも、画像でも、動画であっても、
もしかしたら永遠に保管され続けていく
かもしれないというシチュエーションが
素晴らしいのです。


それは、本でも写真集でも出版するのと
同じシチュエーションですが、でも出版の場合は
幾ばくかのお金が必要となりますが、


インターネット上では、お金は限りなく
ゼロに近い形でできてしまいます。


思うに、人間の記憶なんてあっという間に
失われてしまいます。でも作品は残ります。
そしてその作品は私たちの時空を越えて
存在します。


この【時空を越える】という感覚が、
壮大なドラマを醸し出す感じで
心地よく気持ちを高ぶらせていきます。


例えば、自分が出したメッセージが
10年後の未来にまったく見ず知らない人の
心にとまり、その人の未来に影響を与える
かもしれない・・・・・・。


仮に、その時は自分がこの世にいなくても
自らの分身となって、その人にメッセージを
伝えていく・・・・・・。


「なんてねェ~」 「なんてねェ~」


何んだか、自己陶酔の世界に入り込んで
一人で盛り上がってしまっていますが、
そんなSFチックな感覚をもってイメージして
いくと、なかなか面白くて楽しいですよね。


いずれにしても、インターネットを利用した
デジタルな世界って、時間も、場所も、お金も、
そして時空も容易に越えちゃうわけだから、


今現在の日本のインターネット普及率が、
約80%くらいで、これをどんどんUPして
いただいて、


そして、できるだけ早く、隅々にいたるまで
ネットにアクセスできるようにしてもらって、


そして、私たちは面白くて、役に立って、
自分が存在した「証」になるような
「価値」ある作品を創造していきたいものです。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14