bare10やっぱり、長距離ランをやったことがない人、長距離ラン自体にまったく関心がない人にとって、辛い思い、苦しい思いをしながらも、長い距離のマラソンをわざわざ走るなんて信じられないという思いなのでしょうネ。






確かに、実際に苦しみに耐え、辛さに耐え、
あるいは痛みに耐えて、ゴールを目指す
という状況は、よくあることなので、
そういう気持ちは理解できます。


でも、走っている最中に、
走った人しか分からない、
なにか麻薬を吸ったような、
何とも形容し難い心地よい感覚を
もつときがあるのですよ。


もちろん、この感覚は日頃の練習があって、
プラスされてくるモノなのですが、


長距離ランナーには、
人それぞれ濃淡があるけれど、、
走っている最中に【ランナーズハイ】という
感覚状態におち入る瞬間があるのです。


映画にもなった横山秀夫の小説に
『クライマーズハイ』という作品がありますけど、


「クライマーズハイ」とは
「登山家がクライミングの最中、興奮状態が
極限に達した時、その興奮状態が恐怖感を
麻痺させてしまう境地」のことをいうようです。


【ランナーズハイ】とは、この「クライマーズハイ」
に類する感覚的境地であって、


実はクセになってしまうほど心地良いもので、
ランナーはその感覚に自己陶酔しながら
走っていることが多いんです。


〇『心理的精神的な快楽が肉体的苦痛を
   乗り越えてしまう感覚…』

〇『精神面の自分と肉体が分離して各々
 独立・対等な立場で会話をしながら
   ゴールまで協力し合ってRUNをする感覚…』

〇『あたかもエンドレスに走れてしまうような
感覚…』


この【ランナーズハイ】の正体は何かというと、
『エンドルフィン』というホルモン物質の生成に
あるといわれているんです。


『エンドルフィン』とは、走り続けることによって、
脳の中で生成される脳内麻薬の一種で、
モルヒネに似た性質のホルモン物質で、
その鎮痛作用はモルヒネの6.5倍の威力が
あるといわれているそうです。


長距離を走り続けることで気持ちを高揚させ、
体が疲労してきても足腰が痛くなってきても、
痛みや疲労を緩和させ、逆に自律神経に
作用し麻薬特有の気持ち良さを
強く導き出してくれるといわれているんです。


『毛穴からりんご…』とか『鼻穴からすいか…』
といった強烈な言い方で表現される
女性のお産の激痛も、このホルモン物質の
働きで、痛みの感覚を緩和させていると
いわれています。


そう考えると、人間の体は本当によくできていて、
そのメカニズムに改めて感動させられます。


この【ランナーズハイ】の感覚は、
ある程度走りをj経験して、ある程度の距離を
走れるようになってから体感し始める
ものであって、その感覚を一回でも
体感できればランニング、ジョギングの
楽しみ方が、ようやく分かってくるのです。


確かに、最初のランニング、ジョギングは、
初体験の人にとってはちょっと
辛いかもしれません。


だから、


諦めちゃう人たちのほとんどは、
【ランナーズハイ】を体感せずに、
体感する前のただ辛さ、苦しさだけが
印象に残っただけで、三日坊主気味に
やめてしまうのです。


そういう人たちは、本当に惜しいです。
もう少し、頑張っていれば、必ず、絶対に
絶対に、ランニングの楽しみが身をもって
体感できたはずです。


ランニングが楽しみの一つとして増えれば、
健康に寄与することもちろん、行動半径も
広がり、仲間も増えます。


そして、マラソン大会への出場も見据えれば
目標ができて、自分への励みにもなること
請け合いです。


さて、


こういったことは、
ネットビジネスでもまったく同じです。


ネットビジネスも作業を始めてから
しばらくの間は結果がでません。


単発で出ることはあっても、
売るための仕組みが出来上がって
上手く起動するまでは
安定的な結果はでません。


だから、その期間は初心者にとって
誰でも絶対に通らなければならない
必死に歯を食いしばる期間なのです。


なかなか結果が出ないと、
フラストレーションが溜まり、
不安な気持ちになってしまう
ことはあるでしょう。


真剣な気持ちでやっていれば
やっている人ほど、その気持ちは
大きくなっていきます。


ネットビジネスで稼ぐまで至らずに
途中でやめてしまう人って


そういったことに気持ちが耐えきらずに
やめてしまう人がほとんどなんです。


作業自体は中学1年生程度のレベルなんで
能力的に及ばず諦めるということは、
ほとんどありません。


だから、ネットビジネス成功には、
諦めずに継続していくことが、
一番大切であって、継続していけば
必ず成功するのです。


諦めずに継続していって、
一旦売るための仕組みが完成して、
うまく起動しさえすれば
こっちのものです!


その仕組みがビジネスの自動化をもたらし、
時間的・経済的・精神的に自由な生活を
享受できるのです。


それまでは、歯を食いしばる期間であることを、
覚悟の上しっかりと認識してください。


そうしないと、もったいない過ぎます。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - デタ―ミネイション ~Determinaition~
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]