オリジナル「オリジナル(Original)」の意味を調べてみると、一番目に複製とか複写に相対する概念として表されます。二番目に「独創的なもの」とか「独自なもの」という意味が表されます。ここでは、二番目の意味で「オリジナル」について述べてみます。






コンテンツビジネスで結果を出す事を目指している人間にとって、
コンテンツの「オリジナル性」というものは、大いに気にする概念
かもしれません。

自分の頭で思考を繰り返しつつ構築されたオリジナルな意見、コンテンツが
公開できて、それが皆さんから少なからず良い反応をいただければ、
それは嬉しいものです。

でも、それが「完璧にオリジナルか?」と問われると答えはNOですよね。
ほぼ、全ての分野で、人は、必ず先人の発明、発見、考えやアイデアに着想、
ヒントを得てそれに自分なりの視点でまとめたものであるはずです。
だから、まるっきりのオリジナルなんてものはないわけです。

・・・なんてことを、もっともらしいことを言ってしまいましたが、
本当は、そんなことを言うつもりはさらさらないのです。

実は、目の前がコンテンツが「オリジナル性アリ?」
「オリジナル性ナシ?」なんて話しはどうでもいい話です。

要は、そのコンテンツが、受け手に「価値」を与えているかどうか、
「価値」あるものと受け手に認識させているかどうかのほうが、
ずっと大切な問題なのです。

仮に、100%オリジナルなるものが存在したとしても、それが、何らの「価値」を
生み出していなかったら何ら意味がありません。だから「オリジナル」である
かどうかは、受け手にとってはどうでもいい話しなわけです。

でも、送り手としてはまるっきりパクってしまうのは、人として思いっきり
後ろめたさがあるはずなので、それは絶対にやらないというあくまで送り手だけが
こだわっている話なわけです。

ところで、さっき「価値」の有無が重要だといったものの、もちろん、最終的には
そうだとしても、さらに突き詰めていえば、実はそのコンテンツに本当の意味で
「価値」があるかどうかなんてこともわからないのです。

受け手にとって、手に入れるか否かの判断材料として、オリジナル性の有無は
どうでもいいにしても、「価値」があるか否かは重要です。
でも、真に「価値」があるかどうかなんてわからないとなると、
いったい、どうしたらいいのでしょうか?

私たちが絡んでいるインターネットの世界では、玉石混淆の情報が溢れかえっています。

そいういったなか、コンテンツに「価値」があるか否かを判断する特別なスキルを
持ち合わせていない受け手としては、もはや判断する材料としては、
コンテンツの送り手がそのコンテンツを創作して提供するに際に、並々ならぬ
思いや信念をもっていると感じ取ることができて、そういった人的要素に共感を覚えて
信頼感を抱けるか否かが、有力な判断材料としてクローズアップされてくるといっても
いいでしょう。
「〇〇さんのコンテンツだからこそ「価値」があるはずである」
今の時代、基本的な判断基準はそこにあるのでしょう。

ところで、コンテンツ提供する側として、あえて冒頭の話にこだわって、
「オリジナル性」についてぶり返すと、それが先人の教えを重要なヒントに
構築されたコンテンツであっても、送り手がそこに創造されたコンテンツに価値が
あると信念をもって、堂々と主張できるならば、それは自分の思考で
噛み砕き、さらに自らの基準で再構築されたものといえるから、
それは自信をもってオリジナルであるといってもいいでしょう。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14



このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オリジナルの必要性
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]