マインド1「なんか魅力があって、なんかいいんだよね~この人の言うことは、なんか信じちゃうんだよね~」感性のみを働かさせて、ざっくばらんな言い方をすれば、「ブランディング」ある人って、こんな印象をもっている人かもしれませんネ。






「ブランディング」について、以前にブログ記事に何回か書いたことがあります。
凄いものを公開して「尊敬されろ!」とか真摯なサポートで「好意をもたれろ!」
って感じで書いたことがあります。


ブランディングを確立するには、人一倍学んで、自らを磨いて、
自らの価値観、世界観を確立し、ブレなく、そして驕ることなく
真摯に応対していくことが必要なことはいうまでもありません。


これを怠っている人には、ブランディングは確立されるはずがありません。


でも、


情報収集を怠ることなく、一生懸命に学びインプットして、自分なりの価値観、
世界観、ライフスタイル、ビジネススタイルをメディアを通じて公にしているのに、


何故かしら、今一読者が増えないとか、読者の反応が今一な人っていますよね。
そういう人って今一「ブランディング」の構築されていないってことでしょうか?


そういう人は、思い切って「キャラ」を変えてしまうのも一つです。
最後の手段というわけではありませんが・・・・


「キャラ」を変えるというよりももっと強烈に「過去の自分を捨てる!」
「新しい自分に生まれ変わる!」というほどの勢いで変えてしまうのです。


ネットの世界では、このようなことは十分可能でしょう。


まあ~、その辺の度合いはお任せしますが、
結構大事なことだと思います。


例えば、女性で一番稼いでいるネットビジネス「〇億円プレーヤー」の蝶乃舞
(ちょうのまい)さんは「キャラ」設定を変えたことで「ブランディング」の
確立したことに成功した人です。


蝶乃舞さんはもちろん本名ではありません。
最初は本名でビジネスをやっていたけど、印象を強く覚えてもらうために
途中から「蝶乃舞」という名にしたそうです。


さらに、蝶乃舞さんは
『ブランディングとはキャラが立っていないとダメ!
 人とは違う何かを演出しなくてはいけません。それがブランディングです。』

『どちらかというと、いい人ぶったブランディングよりも、
 悪役ぶっっている人の方がいいわけで、但したたかれやすいけれど、
 反対にすごく支援してくれる人も多くでてきます。』

『普通のことしかやっていない人は、普通の人しかファンにならず、
 そういう人はコアなファンにはなってくれません。』

『普段のメルマガはそのキャラで上から目線の命令口調だけど、
 1対1の場合は懇切丁寧に優しく接します。
 このギャップを示すことが効果的になります。』
 (普段のキャラは正反対らしいですが・・・・・)

と言っています。


おっしゃっていること、確かに勉強になりますよね。


ブランディングを築き切れなかった過去の自分を捨てて、
過去と切り離した、今の自分を新しい自分として、
そこに新たなブランディングを築き上げることに努力を
講じる必要があるってこと、確かにうなずけます。


てっとり早く、ブランディングを構築させるには
この方法しかないかもしれません。


ブランディングを構築しきれない原因は、
いろいろあるのかもしれませんが、


でも、その原因が過去の自分に負い目があって、
その自分に縛られてなかなかその縛りから抜け出せないことが
原因となっていることがあります。


その負い目が何か? その負い目らしきものが何か? 
または、積極的意味での負い目がなくても、誇るべき実績がないことが
負い目になっているのか? 私にはわかりませんが・・・・
いずれにしても、それが今の自分の発言や文章に何らかの負の影響を与えて
しまっているのかもしれません。


今まで一生懸命頑張ってきて、あと少しで何か掴めそうで、
でも、掴みきれないで もがいている状況であれば、


一気に情報発信していくキャラを変えていきましょう。
過去の自分を捨てて、決別して、今の自分にブランディングを
再構築していきましょう。


ひょっとしたら、キャラを変えるということと、
過去の自分を捨てるということとは違うかもしれませんが、
自分を変えてブランディングを構築するということには違いありません。


場合によっては、今の自分にさえもないものを基礎に
ブランディングを構築してしまうことだってあるでしょう。


誤解を恐れずに言えば、インターネットの世界では現実よりも
情報のが重要なのです。


現実に稼いでいなくても、稼ぐ能力がないとは言えません。
ひょっとしたら、ただ今現在稼ぐ段階までいっていないだけであって
一端稼ぐ段階までいけば、一気に今稼いでいる人たちの実績を
凌駕してしまうかもしれません。


もちろん、そこには現実とのギャップがあるわけですから、
ある程度の節度が必要です。あとはセルフイメージの体現となります。


もし、ブログやメルマガでの反応が取れないと悩んでいるなら、
今一度、自分の文章を読み直してください。


読み直して、今回述べたことをアプローチの視点にして
過去の自分に縛られていると感じたら、過去の自分を捨ててみてください。


きっと新しくブランディングが確立されていくでしょう。


ではでは・・・・

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14





応援よろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブランディングの再構築~過去の自分を捨てることで再出発する!~
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]