わらしべ長者日本の昔話の一つで「ある一人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換を経ていくにつれて、最後には大金持ちになった話」を知っていますか?『わらしべ長者』というお話です。以下、まずちょっとあらすじをお伝えしますね






むかし、むかし、ある所に働けど働けど、貧乏で運がない男がいました。
貧乏から抜け出したい一心で観音様に願をかけたところ、
「このお堂を出て初めに触ったものを、大事に持って旅に出ろ」との
お告げをもらったのです。
男は観音堂から出るやいなや石につまずいて転び、
偶然1本の「わら」に手が触れたのです。



男はお告げ通り、その「わら」を持って旅にでました。
ところが途中で顔の周りを、大きなアブがぶんぶん飛び回り、
煩くて仕方が無いので「えいっ!」とアブを捕まえると
「わら」の先に結び付けてやったのです。



しばらく行くと、大泣きしていた男の子がアブが結び付けられた「わら」を
面白がって欲しいと言ってきたのです。
男は最初は観音様のお告げを信じて譲ろうとしませんでしたが、
男の子の母親が『なんとか「ミカン」と交換してください』と
願いでてきたので、仕方なく交換したのです。



また、しばらく行くと、喉の渇きに苦しんでいる商人がいて、
彼は男が持っていた「ミカン」を欲しがり、持っていた上等な「反物」との
交換を持ちかけられ、男は「ミカン」を譲り「反物」を手に入れたのです。



またしばらく行くと、侍と出会うのですが、愛馬が病気で倒れてしまい、
その馬を見捨てなければいけない状況になっていたので、
男はその侍の家来に、この「反物」と「馬」を交換するようにともちかけ、
交換した後、男はその「馬」に水を飲ませて世話をすると元気になりました。



さらに道を進んでいくと、大きな「屋敷」に突き当たるのですが、
ちょうどそこの主人が旅に出るところで、
男に、ぜひその「馬」を借り受けたいと申し出てきたのです。



しかも「馬」を借りる代わりに「屋敷」を貸すから、
住んでもらって構わないと言われ、
もし3年経っても帰ってこなければ、この「屋敷」を譲ると
まで言ってきたのです。男はそうすることにしました。



3年経っても、5年経っても主人は帰って来なかったので
その「屋敷」は男のものになり、以後裕福に暮らしていったのさ~
というお話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、このお話、



貧乏の男が、最初のゴミみたいな「わら」から次々の物々交換を経て、
最後はでかい「屋敷」を得ることになったという夢物語です。
「わら」→「ミカン」→「反物」→「馬」→「屋敷」



このお話を、ビジネスチックにお話しすると、
色々為になるお話になります。



ビジネスとは、価値と価値の交換と言われています。



私たちは昔は、まず「交換」というやり方を利用して生活を営んでいましたが、
その後、その「交換」というやり方を迅速に行うために、
共通の具現化された価値としてお金というツールを編み出し、
ここに貨幣経済が誕生したのです。この仕組みは今も変わっていません。



そして、貨幣経済が誕生したことによって、
「物」に対する一応の客観的基準(ものさし)として
「価格」というものが付けられるわけですが、



人は今でも「物」を買うときは、一応その客観的基準である「価格」を
見ますが、「物」の価格で買うわけではなく「価値」で買うのです。
その「物」に「価値」を感じた時に買うのです。



そしてその「価値」の感じ方は人によって違うので、
「物」が売れるときは購入者が「価格<価値」と感じた時であり、
売れないときは購入者が「価格>価値」と感じてしまった時です。



だから「ビジネスとは価値と価値の交換」であるという構造も
大昔から変わっていません。
価値と価値の交換だからこそ、先の「わらしべ長者」のお話は
現実にはあり得ない話ですが、ストーリーとしては納得いくわけです。



なぜなら、ゴミみたいな「わら」が最後には「屋敷」になってしまうなんて、
もし「価格」重視だったらありえません。



一本のゴミみたいな「わら」よりも「みかん」の方が、「みかん」よりも
「反物」の方が、「反物」よりも「馬」の方が、「馬」よりも「屋敷」の方が、
当時の通常観念に照らしても「価格」的には高いはずだからです。



でも、現実は「価値」重視だからストーリー的には納得できる話になるのです。



じゃぁ~「価格」の方はどんな働きをするのでしょうか?
それは「A」という商品と、購入者にとってまったく同価値と
考える「B」という商品があった場合、「A」と「B」とは
全くの同価値だから、「価値」だけでは最終的にどちらを選ぶべきか
判断できにくい場合に「価格」が判断基準として、クローズUPされて
くるのです。
その場合は、通常は「価格」が安い方を購入するでしょう。


要は「価値」購入を決めて「価格」でどちらかを選択する
ということになるのでしょう。



私たちが取り組んでいるネットビジネスで商品が「情報」の場合は、
ちょっと複雑になるかもしれません・・・・・・。



この場合は「情報」と「価値」の具現化である「お金」との
交換になるわけですが、「情報」に「価値」があるのか?



あるに決まっているでしょ!
あるから情報ビジネスが成り立っているわけだし、
人はその情報を入手したいがためにお金を支払っているわけです。
だから、情報に価値があるわけです。



でも、ほんとなの?
本当に情報に価値があると思って、
人はその情報にお金を払って入手しているのでしょうか?



あなたや私がターゲットにしているお客様は、
本当に情報に価値があると思っているのでしょうか?



お客様はきっと情報自体にはあまり関心がなく、
求めるものはただ1つ「結果」なはずです。



お客様は成功という「結果」が欲しいはずで、
「結果」に価値を見出します。



だから、情報自体の質に情報の価値を見出すのではなくて
得られた結果に情報の価値を見出すのです。



したがって、私たちが情報ビジネスを取り組む際、
情報を売るということは、情報を提供するだけで終わるわけではなくて
成功という結果に導くことが、情報発信する者の責任なのです。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14



応援よろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『価値と価格』そして『情報の価値とは?』 ~昔話の「わらしべ長者」を題材にして~
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]