[札束矢印お金って、やっぱり大事ですよね!」

すいません。唐突に言ってしまいました・・・・・・、







今日は、軽いノリでお金について話していこうかなって思っています。



そもそも、お金って生活を成り立たせるうえで、生活を楽しむうえで、
絶対に必要だし、しかもお金がなくてそのままだと死んでしまいます。



そうならないために、色んな稼ぐ方がありますが、
人は一生懸命働いてお金を稼ぐわけです。



だから「お金は稼げば稼ぐほどいい」というのはいいに決まっています。



これって、無理のない自然の流れですよね。



にもかかわらず、日本人多くは多額のお金を持つこと、多額のお金を稼ぎだす
ことに一種の罪悪感らしきものをもっていると言われています。



あなたも自問自答してみてください。
「そんな意識を持っていないよ!」と断言できますか?



断言できなくてもなんら不思議ではありません。
徐々に少なくなってきているのかもしれませんが 、
そういう意識をもつ人はまだまだ多いのです。



お金は「悪」である。
「お金をたくさん持っていると悪いヤツ近づいてきて、
 何かトラブルの元になる」とか
「お金をたくさん持つと金の亡者になり最後には身を滅ぼす」とか
「お金持ちは悪いことをやって儲けたに違いない」とか、
「お金に執着するヤツは、人間的に冷酷だ」とか、
「物を売ってお金を受け取ることは、お金を搾取すること同じだ」とか



昔から異口同音でお金にまつわる様々な悲観的な言い回しがされてきました。



なぜ、こんなことが真しやかにいわれているのでしょうか?
やっぱり、これらと似たことがよくあるからでしょうね。



大切なのは、お金の稼ぎ方です。



同じ稼ぐと言っても悪徳商法とか詐欺商法で稼いでしまうと、
まさしく先ほど列挙した例に当たってしまいます。



ビジネスは品物を提供する人、それに対する対価として
お金を払って品物を購入する人の両方が、そのビジネスによって
幸せにならないといけません。



どちらか一方だけが利して(売る側)、もう一方が不利益(買う側)に
なってしまうことを想定できるビジネスは先ほど述べた悪徳・詐欺商法であって、



そういうビジネスをも含んでの「お金は稼げば稼ぐほどいい」ということに
なると、話は全然違ってきます。  



答えはもちろん「否」です。



ビジネスとは価値と価値の交換です。



売る側は価値ある商品を提供して、
買う側はその商品に対価として支払うお金以上の価値を
見出すことでお金を支払う。



そして売る側は経済的利益を得て、そして、これからもより価値ある商品を
提供していけるように努力する。



買った側はその商品で今現在、および将来的にも
幸せになるという図式が成立することが必要なのです。



そうすることで、お客様から「信用と信頼」という
商売を行うにあたって、何事にも変えられないアイテムを得ることができて、
長期的なそして安定的なビジネスができるのです。



なんだか後半は、お金の話からビジネスの話に
ちょっと変わってしまいましたが、
当然関連することなんでお許しください 。


ではまた


 ~関連記事~
●お金に対する考え方

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14




応援よろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お金は稼げば稼ぐほどいい???
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]