A素材yyyyビジネスでもなんでもまじめに続けていくと成長の瞬間があるはずです。物事の見方、捉え方というものが変わってくるのです。ビジネスを初めて学ぶ際、勉強する項目を列挙すると「マーケティング」とか「コピーライティング」とか「集客」とか「ブランディング」とか「クロージング」とか・・・・、そのほか色々あって、色んなことをを学ばなければならないんだな~と思いつつ、


では、最初は何から勉強するのか?


一番理解しやすい「ブランディングからでしょ!」と言われたり、
「マーケティングも大切だけど、そこそこ経験すれば誰でもできるから、
まずはビジネスで一番大切なコピーライティングからでしょ!、
何しろライティングスキルはそれだけで食っていけるから!」と言われたりして、


「そーなんだぁ~、コピーライティングスキルが一番大事なんだぁ~」と
素直に納得したりして・・・・、そういった感じで勉強を始めたと思うのですが、


どの項目から勉強を始めるのが正しいのか、正しくないのかについては、
色んな考えがあるのでしょうが、


みんなも最初はそうだと思うんだけど、
みんな最初は物事を平面的(2次元的)に、単体的に捉えて一つ一つを順々に
勉強していくって感じで進めていきますよね。


でも、そのうちに次第に物事を立体的(3次元的)、空間的に捉えて、
有機的に結合している相互の関連にフォーカスして勉強が進めていきます。


そしてその関連性がわかり始めてくると「なるほどねェ~」って感じがして
やがて、広々とした草原に出たかのような気分爽快な気持ちになって、
「やったぁ~!」って感じですよね。


ところで、恥ずかしいことですが、実は私は「マーケティング」という
概念について、最初の頃はその実体を掴みにくくて「マーケティングって何?」
という感じでした。


ネットで調べても色んな定義が星の数ほどあって、
どれも抽象的で脳ミソにフィットするものがまったくなかったのです。


一例をあげると、マーケティングとは
「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、
 公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動」とします。
 (日本マーケティング協会)


一言「あっ そうですか・・・」って感じ・・・・、


そういう悶々とする中・・・・、


ある時、あるサイトで、マーケティングとは
『価値を提供して対価をいただくまでのすべての行為』という
極めてわかりやすい記述を発見したのです。


その瞬間は脳ミソの中に閃光が走りました!「これだ!」って、


そしてそのサイトをくまなく読んでいくと、
色んなことが、非常にわかりやすく書かれていたのです。


そして、最終的にはマーケティングとは
「お客様が欲する価値を見出し、その価値を伝えて、
その価値を提供し、その対価を頂くまでの一切の活動(道筋)」と理解したのです。


この定義にはほとんどのスキルが組み込まれています。


(1)「お客様が欲する価値を見出し」とは【リサーチ】のこと。
(2)「その価値を伝えて」とはまさに【コピーライティング】のこと。
(3)「その価値を提供し」とは【クロージング】のこと。
(4)「・・・までの一切の活動(道筋)」にはブランディング構築、コンテンツ
構築を見出すことが可能であり、そしてマーケティングの【再現性】をも
謳っていると解することもできます。


つまり、大枠はマーケティングであり、そのマーケティングというものを
構築するためには、あらゆるスキルを合わせた【総合力】によって
なしとげられるものだと、この定義から理解できたわけなのです。
しかも「意識して」理解できたわけです。


この「意識して」というのが大切ですね。


この「定義」の発見で、物事の立体的、空間的把握ができて、
それぞれのスキル、項目を有機的に結合して関連付けて理解することが
できたのです。関連性が理解できると強いです。


関連性が理解できるということは、マーケティングの流れが手に取るように
理解できるということになるからです。


読者の皆さんのなかには「そんなこと前々から知っているよ!」という方も
当然いらっしゃるかと思いますが、
私にとってはとても為になる出来事だったのです。


でも、人間やっている限り、こういう事ってありますよね。


あることを理解するために必要な情報、知識、知恵の
ほとんどを頭の中に習得しました。


でも最後の最後のところで理解できない、納得できない・・・・・、
何度も何度も検証したけれど、頭の中は悶々としたままずっと・・・・、


でも、ある時、ある瞬間、何かまったく新しい情報Xが突然に飛び込んできて
今までつながりも見いだせなかった情報、知識、知恵が、その情報Xによって
一瞬で見事なつながりをもち、頭の中で素晴らしい展開が
一気に構築されてしまう。


こんなことって分野を問わず誰でも何回かは経験したことがあるはずです。
そこから素敵なアイデアが誕生することも多々あるはずです。


きっと、そこが「成長の瞬間、進化の瞬間」がなんでしょう。


もっとも、私のケースを「成長の瞬間、進化の瞬間」と言ったら
ちょっと大袈裟ですけどね。(笑) 


では、また

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14



応援よろしくお願いします!
ネットビジネス ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 誰でもあります「成長の瞬間! 進化の瞬間!」
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]