コーヒーマメ画像必要性があってYahooフリーメールアドレスを複数作る際、新たなフリーメールアドレスを作るたびに、いちいち新しいアカントIDを作るのは面倒ですし管理も大変です。



そんなときYahooメールには『セーフティーアドレス』という
便利なサービスがあって重宝です。


このサービスを利用すると、様々な用途に応じて別々のメールアドレスを作成して
管理できる機能をもちます。そしてアカウント作成時に出来るメールアドレスとは
別に、基本最大10個までのメールアドレスを作成することができるのです。


最初に10個までフリーメールアドレスを作ることができる構造・仕組みを
説明しておきます。その方が『セーフティアドレス』を理解しやすいと思います
ので・・・・・。 以下の図がYahooフリーメールアドレスが複数生まれる
基本構造・仕組みです。


ベースネームを決めて、その右横のキーワードを最大10個まで変えていけば
10個のフリーメールアドレスが作れる構造・仕組みになっています。


つまり、ベースネームは一個だけですが、それとつながるキーワード
変えていくことで、最大10個のメールアドレスが作成できるのです。


つまり、affiliate77778-report@yahoo.co.jpというアドレスが1個目。
そして、affiliate77778-wriring@yahoo.co.jpというアドレスが2個目。
そして、affiliate77778-pencil@yahoo.co.jpというアドレスが3個目。
といった感じで最大10個まで作成できるのです。


以上が、Yahooフリーメールアドレスを複数誕生できる基本の構造・仕組み
ですので、この点をしっかりと理解して頂いて、以下『セーフティアドレス』の
設定方法を順次説明します。下記の(1)から(3)へと順番にやってみてください。


(1)まずYahooメールの受信メールのページを開きます。
 すると、右上方に【設定・その他】というクリックできる箇所を発見できるはずです。
 【メール検索】
のすぐ下にあるはずなので分かり易いと思います。その【設定・その他】
  クリックしてください。


(2)クリックすると、プルダウンメニューが表れて複数の選択項目が出てくるはずです。
  その一番上の【メール設定】をクリックします。


(3)クリックすると左側にメール管理「全般」の縦列が出てきて、その中の【アカウント管理】の
  上から三番目に【セーフティーアドレス】が見えるはずです。そこをクリックしてください。
 すると、セーフティーアドレスの管理ページが現れます。


セーフティーアドレスの具体的な作り方はこちらをクリックして頂ければでてきます。
もし、あなたが以前にセーフティーアドレスを作ったことがあるのならば(セーフティーアドレス一覧が表示された場合)、すでにベースネームが決まっているはずですから、あとはキーワードを
新たに作って順々に当てはめればいいわけです。
もし、あなたがセーフティーアドレスを初めて作るのならば(セーフティーアドレス一覧が表示されない場合)、まずはベースネームを決めなければなりません。


最大10個の『セーフティアドレス』を作ることができ、
それは「キーワード」の部分を変えることによって可能となるのです。


『セーフティアドレス』は、通常のYahoo!メールと同じメールボックスに一元化されて届きますが、色分けやフォルダ分けの設定で、直接に別フォルダーに受信させることもできて様々な用途に対応できてとても便利です。


関連事項「一つのアカウントで多くの複数のGmailアドレスを作る裏ワザ」はこちら

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14