EPSON DSC pictureネットビジネスに携わる者にとって、必ず打ち破らなければならない、乗り越えなければならない、読者の4つの心理的障壁があると言われています。


これはせっかく送ったメルマガが、どのように扱われるかの問題です。

①Not Read(読まない・読みたくない)
②Not Believe(信じない・信じてくれない)
③Not Act(決断しない・行動しない)


上記の3つが著名ですが、
最近ではあまりにも多くの迷惑メールが舞い込んでくるせいでしょうか?

今では一つ増えて『Not Open(開かない・気づいていない)』
というのが加わっています。

メルマガでせっかく読者に良い情報を提供しようと
一生懸命書いたのに読まないどころか、
メルマガを開いてもくれないなんてあまりにも悲しすぎます。

①Not Open(開かない・気づいていない)
②Not Read (読まない・読みたくない)
③Not Believe(信じない・信じてくれない)
④Not Act(決断しない・行動しない)


でも、ここで一つ認識していなければならないのは、
今のご時世、人は送られてきたメルマガなんて絶対に読まないし、
信じないし、行動しない、そもそも前提として開いてくれないものと
思っていて間違いないです。本当に悲しいことなんですが・・・・

自分のメルマガは読んでくれるのではないか、
という甘っちょろい考えは捨てた方がいいです。

絶対に読んでもらえないんだけど、何とか、どんなことをしても、
どんな仕掛けをつくっても読んででもらおうというマインドを
持つことが必要なのです。

そのためには、
まさにコピーライティングスキルを磨かなければなりません。


コピーライティングの最終目標はこの4つのNotを、
打ち破ることと言われています。

この4つのNotを一つ一つクリアーさせた先に、
成約という結果があるのです。

4つNotのうち、もっともハードルが高いNotは『Not Read』
といわれています。

ネットビジネスをやっている人たちは、この『Not Read』を、
なんとか打ち破りたいと全精力を傾けています。

例えば、最初の段階で、質問形式を出したりして、
その答えを見つけさせるために、
少なくとも途中までは読ませて、後はその勢いで・・・・とか、
いろいろ・・・・。

ところで『Not Read』を打ち破るということは、1回読まれたというだけでは、
ダメです。メルマガは継続して発行されるものですから、

ある程度、継続して読まれて初めて打ち破ったというのです。

皆が読んでもらえば、なんとかなると思っているのです。

すぐに成約につながらなくても、
なんらかの反応がもらえると思っています。

そしてある程度継続して読んでくれれば、
必ず成約につながるものと考えているのです。

だから、直ちに商品を売ろうというよりも
まずは『Not Read』を打ち破る、つまり読んでもらおうと必死なのです。


もし4~5回読んでくれれば、『Not believe』 や『Not Act』を
突破するのはそう難しいことではないと言われています。

だからこそ、まずは『Not Read』の壁を打ち破るために、
全精力を傾けるべきなのです。

2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ネットビジネスでは4つのNot(心理障壁)を打ち破れ!
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]