ケイタイ画像アフィリエイトとは『他人の商品をあなたがWeb上(ブログ・サイト・メルマガなど)で紹介(広告宣伝)し、お客様がそれを見て、購入等の成約に繋がれば、あなたに紹介料(広告収入)が支払われるビジネス』です。



アフィリエイトの仕組みを複数の登場人物を介して説明すると、
次のようになります。


アフィリエイター   ・・・・・・ブログやメルマガの運営発行者、つまりアフィリエイターのこと。
広告主   ・・・・・・・・・・・・・・会社・企業、いわゆる商品の販売者(商品の広告主でもある)のこと。
お客様   ・・・・・・・・・・・・・・Aの運営するブログやメルマガの読者であり購入者のこと(いわゆるお客様)。



アフィリエイトとは、Aが自らのブログやメルマガにBの商品広告を
貼り付けて紹介し、Cがその商品広告を経由して商品を購入したら、
紹介料としてAは一定の報酬をもらえる仕組みをいいます。


以上がアフィリエイトの基本形です。


ところで、アフィリエイトはネットショップではないので、
AはBから商品を仕入れて自分のところの所有商品として販売し、
売買代金を受け取るわけではありません。

関連「ネットビジネスは2つに分類 ~アフィリエイトの体系的理解~」はこちら

Aは仕入れるのではなく、単にBに代わってBの商品を宣伝紹介して、
その紹介で売れた場合、Aに支払われる金額は紹介がうまくいった
成功報酬(広告収入)として支払われるのです。


さて、私たちがスピーディーにアフィリエイトができ、
ちゃんと報酬をもらえるビジネスとしてのアフィリエイトが成立するためには、


A・B・Cの登場人物のほかにもう一人の登場人物Dの登場が必要なのです。

アフィリエイター   ・・・・・・ブログやメルマガの運営発行者、つまりアフィリエイターのこと。
広告主   ・・・・・・・・・・・・・・会社・企業、いわゆる商品の販売者(商品の広告主でもある)のこと。
お客様   ・・・・・・・・・・・・・・Aの運営するブログやメルマガの読者であり購入者のこと(いわゆるお客様)。

ASP   ・・・・・・・・・・・・・・・AとBの間を仲介する業者。『ASP』と呼ばれ、アフィリエイトサービスプロ バイダの略。


つまり、自らの商品をインターネットを通じて広く紹介して、
その商品の売り上げに貢献してくれるアフィリエイターを探しているBと、


紹介したい商品を探しているアフィリエイターAがいた場合、
DはそのAとBとの間に入って両者を仲介する業者なのです。


このDがいることでアフィリエイトが極めてスピーディーに
合理的に運営されていくのです。


これを販売者B側から説明すると、BはDがいることによって
Dに自分の商品のアフィリエイト広告を預けて、
商品を宣伝してくれる多くのアフィリエイタ―を募集することができます。


他方、これをアフィリエイターA側から説明すると、
AはDがいることでDに掲載されているたくさんの広告から自分の気に入った広告案件をスピーディーに選ぶことができ、アフィリエイトをおこなうことが
できるのです。


そして、Cが支払う商品代金はBが受け取るのではなく
Dが直接受け取って、取り決めに従ってAとBに分配するので、
Aはきちんと間違えることなく報酬を受けることができるのです。


そしてDがいることで、AとBとの間にはお互い面倒な直接交渉をしなくて
アフィリエイトができ、Cも安心して商品を購入できるのです。


以上、AとBとCの間に「ASP」たるDがいることで、
アフィリエイトがビジネスとして極めて洗練された
仕組みとして成立しているのです。


2016.5.22-3メルマガ登録jpg_10 2016.5.22-2メルマガ登録ボタンjpg_14